クラシックch|指揮者村中大祐とは


Photo©中村ユタカ
■村中大祐 (芸術監督・指揮者) Daisuke Muranaka

テレビ朝日系列「題名のない音楽会」、日本テレビ系「深夜の音楽会」、BSフジ「Table of Dreams 夢の食卓」、
NHK教育テレビ、NHKBSプレミアム、テレビ神奈川、NHKFM,FMTokyo,FM YOKOHAMAなど出演多数。

第11回出光音楽賞ほか受賞歴多数。

現在Orchester AfiA(アフィア)芸術監督、イギリス室内管弦楽団(English Chamber Orchestra)国際招聘指揮者。

村中はこれまで英国グラインドボーン音楽祭、スイス、ザンクトガレン・オペラ祭、ヴェネツィア・フェニーチェ歌劇場、パレルモ・マッシモ劇場、カターニア・ベッリーニ歌劇場、ジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ歌劇場、マリオ・デル・モナコ歌劇場、東京新国立劇場など、世界有数のオペラ座に登場し、いずれも絶賛を博している。
またミラノ、ブリュッセル、ロンドン、東京など、世界各地のコンサートホールで聴衆を魅了しており、日本ではNHK交響楽団をはじめとする国内主要オーケストラに1999年以降客演を続けている。
また2006年には横浜オペラ未来プロジェクト、2013年にはOrchester AfiAを創設、これまでに類を見ないオリジナルな活動を展開している。

東京外国語大学国際関係論卒業。ウィーン国立音大指揮科修了。

マリオ・グゼッラ国際指揮者コンクール、トーティ・ダル・モンテ国際オペラコンクール指揮者部門「ボッテーガ」でいずれも第一位。
トスカニーニ国際指揮者コンクールファイナリスト。

村中&AfiAの「自然と音楽」演奏会シリーズは、
2016年にはオランダ・ロッテルダムで行われたClassical:NEXTにおいて
「イノヴェーション・アワード2016」のファイナル10団体のひとつとして
世界2000を超える候補の中から選ばれている。

現在若林工房よりAfiAレーベルとして、CDのライブ録音がシリーズ化されており
既にメンデルスゾーン交響曲第3番「スコットランド」、第4番「イタリア」、第5番「宗教改革」と「弦楽八重奏曲」がリリースされ、音楽之友社刊「レコード芸術」誌上で絶賛されている。